メンズ

バーを安定して経営させるには集客をアップさせよう

カード決済時のお金の流れ

カードを持つ人

カード会社が立替える

クレジットカード決済の大まかな流れは、消費者の商品購入、カード会社の代金立替、消費者の代金支払いとなります。以下で一つずつ見ていきます。はじめの消費者の商品購入では、私たちが普段買い物でクレジットカードを提示して支払いをすることを指します。インターネット通販でカード情報を入力して買い物することも含みます。買い物が済むと消費者は商品を手に入れますが、この時点では消費者の懐からお金は減りません。では店舗の売上はどうなるのかというと、カード会社が代金を店舗に支払います。これがカード会社の代金立替のプロセスです。ただし立替の際、カード会社が設定する手数料を差し引いた金額が店舗に支払われます。店舗としては受け取る金額は手数料分減るわけですが、後述するようなクレジットカード決済で享受できるメリットを考慮してこの方式を利用しています。そして消費者のカード会社への代金支払いに移ります。毎月決まった日に、指定した銀行口座から利用金額が引き落とされます。これで一連の取引が完了となり、消費者は代金を適切に支払い、店舗は代金を受け取り、カード会社は手数料を得ることになります。店舗はカード会社の加盟店契約を結んでクレジットカード決済を行います。クレジットカード決済ではカード支払いの手軽さによる消費者の購買意欲の向上、定期購入の増加、未払いリスクの低減などの効果が見込めます。そのためクレジットカード決済を導入する店舗が多くなっています。